Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホールにおける疑問

ホールにおける素朴な疑問


 Q なんでパチンコホールの店員は、出玉交換時にインカムで連絡を入れる必要があるのか?
A ホルコン導入以前のホールでは、現在のような、出玉交換時の頻繁なインカムでの連絡は見られなかった。また、よく考えれば分かることだが、台が完全確率に基づいているのであれば、出玉交換時のインカムの連絡は全く必要がない。従って、大なり小なり、客の出玉をなんらかの形で管理している可能性が極めて強い。

Q パチンコホールの定休日がなくなったのはなぜか?
A ホルコン導入以前は、釘調整の為、少なくとも週一日の定休日が必要だったが、現在、新装開店の前日が休業日になる以外は、年中無休の店が多い。ホルコンの操作で簡単に売上が設定出来るので、定休日は必要なくなったと思われる。

Q デジタル機以外の、純粋な一発台や羽物が消えつつあるのはなぜか?
A ホルコン導入以前の羽物には、ラウンド抽選等のデジタル抽選機能はついていなかった。ホルコンでは純粋な役物機の制御は無理なので、新基準機が必要になった。ホルコン制御が出来る機種に、順次入れ替えられていったのは、その後の経緯が証明する通りである。管理化は年々進む一方で、エスカレートしている。

Q ホールがホルコンを導入するメリットは?
A パチンコホールも企業である以上、計画的な資金繰りが必要で、その為には計画的な利益確保が不可欠である。数百台ものパチンコ台を釘調整だけで、短期的に売上をコントロールするのは難しく、また、調整にも大変な労力と時間が掛かるし、リスクも大きい。定休日のない最近のホールでは、週に何日かは徹夜作業になってもおかしくないが、そんな話は全く聞かないのが不思議である。ホルコンによる徹底管理によって、計画的で頻繁な新台入替や、自由自在な売上調整、利益確保が可能となった。また、プロの排除や、遠隔操作による演出等、そのメリットは計りしれない。

Q ホルコンが導入されているにもかかわらず、客に公表されないのはなぜか?
A ホールの思うがままに大当たりをコントロール出来、遠隔操作等が可能な実態が明らかになれば、ホール、メーカー、検査機関、その他パチンコ関連の産業は信用を失い、業界ぐるみで大打撃を受けることになる。ホルコン及び遠隔装置はパチンコ産業のトップシークレットであり、操作が密室で行われることを利用して、その秘密は堅く守られている。

Q ホルコンは違法ではないのか?
A 特許というものは、基本的に違法な物は認可されないものなので、特許が認可されたということは、合法であると国が認めているということ。当然のことながら、ホルコンを使用した全体の出玉調整も合法となる。個人を標的にした遠隔は違法であるはずだが、こちらも特許が認可されているところを見ると、その法的な根拠は非常にあいまいである。

Q ホルコン時代の釘調整の意味は何?
A 大当たりの発生には直接関係しないが、玉持ちの良さや、回転数消化によるロムの消化、賞球数の調整に影響している。新装時や、イベント時に、台の調整を甘くしているという、ホール側のアピールに使われることが多い。業者推奨の釘を従業員が適当に叩く程度で、ホルコン導入以前のように、高給取りの釘師が専門に叩くというようなことは、現在ではなくなっている。

ホルコンの仕組み

ホルコンの仕組み(パチスロも基本的には同じ)


ホルコンの基本的な仕組み

○ホールのパチンコ台は、数台(4~5台構成が最も多い)で一組のグループを構成しており、ホルコンからの大当たり信号をグループ単位で受信し、その大当たりの信号がグループ内を回ることにより、ホール全体の大当たりが演出されている。

○グループ構成は、シマの端から横に何台かずつに区切られた並び構成と、シマ(通路を挟んで両脇に台が並んでいるエリア)の下一桁の台番号が同じもので構成されたケツ番構成がある。

○ホールが指定した売上の設定に基づき、大当たりの信号を、抽選で決められたグループに発信する。1時間に4回程度のタイミングで発信される。

○受信された信号は、グループ内の当たり番になっている台で大当たりになる。当たり番は、大当たり時、確変中、確変終了時、大当たり終了時、時短終了時のタイミングで、グループ内を移動する。この際、ロムの状態が良い台は当たり番になりやすく、ロムの状態が悪ければ当たり番を飛ばされることが多い。

○ホルコンが大当たり信号を送る為に、グループの抽選を行う際、ロムの状態が良い台が多いグループは抽選に当選しやすく、大当たり信号を多く受信しやすい。結果として、優秀グループということになる。

グループ構成と当たりの回り方

○並び構成は、同時に2~3台隣り合わせで、並んで大当たりが発生しやすい(同じグループであるため)。4台が連なって大当たりになるケースも珍しくない。大当たりが一角に集中する特徴がある。ケツ番構成ではこういうことが起きることはあまりない。あってもせいぜい2台程度までである。並び構成の当たり番の移動は、左側の台から右の台に移動するが、ロムの悪い台は飛ばされる。グループの一番右端にいくと、再び、一番左端の台に戻る

○ケツ番構成は、当たり中や時短中のランプが点滅中の台番号を確認すれば、容易に判別出来る。不自然にケツ番が共通する台番号が当たっていれば、ケツ番構成の可能性が高い。当たり番は、メイン通路またはカウンター側から見て、左端の台から、シマ(通路を挟んだパチンコ台の両側の並び)を時計周りに回っていく。ロムの悪い台が飛ばされるのは同様である

○例え、どんな優秀グループであっても、電圧トランスの関係で、グループ内に少なくとも一台は死に台と呼ばれるハマリ台がある。ロムの消化の具合により、グループ内の優秀台と回収台が入れ替わることがある。

ロム(ROM)と電圧について

○グループ内で、ロムの良い台が当たり番になりやすい。また、ロムの良い台が多いグループ程、当たり信号の抽選に当選しやすく、優秀グループになりやすい

○大当たりの前には、グループ内の台にスーパーリーチや、リーチの連続が発生する。これは電圧の上昇によって起きる現象である。また、電圧が上がるとスタートチャッカーへの玉の入りが良くなる。パチスロの場合は小役がよく揃う。

○グループ内の台に大当たりが発生すると、大当たり中の台の電圧が上がり、電気が大量に消費されるため、他の台の電圧が下がり、大当たり中以外の台のスタートチャッカーへの玉の入りが悪くなる

○グループ内で大当たり中の台がある時(グループがアクティブな状態にある時)、スペシャルリーチや、レアな演出が連続する台は、ハマリ台でなければ、ロムの状況が良い台である可能性が高い。従って、現在、大当たり中の台の当たりが終われば、当たり番が回ってくる可能性が高い。逆にリーチ等が全くかからない台は、ロムの状態が良くないので、あまり期待は出来ない

○ロムが良い状態の台は、リーチ前予告が頻繁に出現し、ステップアップ演出が発展しやすく、スーパーリーチの出現回数も多い。まるで新装開店時のような演出、大当たりが多くなる。平均的な初当たりの確率が、通常の確率より高く、ハマリづらい。また、初当たりのほとんどが確変(パチスロの場合は連ちゃん)であり、単発で当たっても、その後時短で連ちゃんか、もしくは、少ない回転数で再び当たる

○パチンコ各台のロムは、そのシマの割り数(出玉率)によって変化する。割数が高ければ、総じてロムの良い台が多くなり、トータルの大当たりの回数も多くなる。逆に割数を低く設定されると、ロムの悪い台が多くなり、トータルの大当たりの回数も減少する

○ロムの好調期は、通常、割り数が変わらなければ2~3日程度続くが、割り数が変わればロムも変わるので、いつも当てはまるわけではない。ロムの好調期を狙い打ちされないように、時々割り数の設定をリセットするホールもある。

Appendix

モバイル

hallcomkouryaku

Author:hallcomkouryaku
上記のQRコードを携帯電話の二次元コードリーダーで読み込めば、簡単に当ブログのURLを取得出来ます。

月別アーカイブ

ホルコンについて詳しく知りたい人向け

ブログ内検索

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。