Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔認証システム

顔認証システム


○オムロンのサイト(http://www.omron.co.jp/press/2004/s0301.htm)は、2005年の9月まで、顔認証システムの導入例として、パチンコホールを用いていた。来店した客の顔をカメラが捉えるとデータベースの個人情報が呼び出され、VIP指定、メダルの枚数管理も出来ると図説していた(パチンコの出玉管理も当然可能だと思われる)しかし、現在ではその説明図とページはなくなり、老人介護の導入例と差し替えられている。2ちゃんねるで掲載され、話題になった為、それを見たパチンコ業界関係者が証拠の隠滅を図り、説明図を変えさせたのではないかと言われている。オムロンは、2004年10月にオムロンアミューズメント株式会社というパチンコ機器会社を設立している。導入金額は最低500万前後から、と言われているが、40万円のパチスロを1シマ入れ替える代金とほぼ同額である。ホールにとっては安い出費だろう。大規模に顔認証を利用した顧客データベースをネットで共有すれば、客がどの店に入ろうと、店側はあらゆる顧客情報を見ながら、完全な収支管理が簡単にできる。

顔認証システム

出願番号:特許出願2002-57674 出願日:2002年3月4日公開番号:2003-251059 出願人:オムロン株式会社発明者:一色 信賢 他3名発明の名称:遊技管理システムとそのプログラム、及び遊技許容装置

要約

【課題】会員登録などの顧客の手続、及び遊技ホールの店員による処理を全く行うことなく、遊技者(顧客)及び遊技データを確実に管理することができる遊技管理システムを提案し、遊技ホールに対して顧客や遊技データの管理要求に応えると共に、顧客に対して快適な遊技環境を提供する。

【解決手段】遊技媒体に基づいて遊技を許容する遊技機と、前記遊技に関する遊技データを管理する管理サーバとを備えた遊技管理システムでに対して、遊技者の身体から該遊技者の生体に関する生体特徴データを取り込む特徴取込手段と、前記生体特徴データを前記遊技データと結合して形成する遊技管理データを記憶する記憶手段と、前記遊技管理データに基づいて情報を出力する出力手段とを備えた。

上記のシステムは、全国のホールで普及が広がっているようである。顔認証による生体データが、大規模な全国共用サーバーで管理されると、いかなる攻略法をもってしても勝つことは難しくなる。既に多くの地域で、顧客データーベースが共有化され始めているようなので、このシステムが完全に普及するのは時間の問題なのではないだろうか。なにせ、このオムロンの顔認証システムは、パチンコ業界では大ヒットらしいのだ。今後客は、店側に完全に管理された遊技場でしか、遊技することは出来なくなる可能性が高い。

○朝日新聞のWeb版での記事。テロ対策、改札口で顔撮影 東京の地下鉄で導入実験国内ではサッカー・ワールドカップ(W杯)が開催されたのを機に02年5月以来、成田空港と関西空港の税関に、「顔認証システム」が導入された。捜査機関から提供される写真と照合しているとみられる 同じ場所を不必要に歩き回るといった「不審な行動」をあらかじめコンピューターに登録し、該当する人物がカメラに映ったら、警報が鳴る仕組みと見られる。 オムロン以外のメーカーも、同じようなシステムを開発しており、その性能は少なくても上記の記事のように、簡単に不審者を認識登録出来るものである。オムロンほど露骨な顧客管理はなくても、大勝した人間や、ホルコン攻略の出来る人間を不審者として登録することは、造作もないことだろう。そうしておけば、後々ピンポイントの出玉操作もやり易くなることは、言うまでもないことである。 ホールで入場した人間を自動的に追尾出来る、ホール用の優れた監視カメラのシステムも存在しており、顔認証システムと組み合わせれば、理想的な顧客管理システムになることは間違いないだろう。

監視追尾システム

出願番号:特許出願平11-348711出願日:1999年12月8日公開番号:2001-162011 出願人:ダイコク電機株式会社発明者:根木 優発明の名称:遊技管理システム

要約

【課題】 会員カードを利用した構成において、遊技データを遊技客に確実に関連付けることができるようにする。

【解決手段】 人物検出部3は、カメラ1からの画像情報に基づいて人物エリア情報を抽出して追尾部4に出力する。追尾部4は、各遊技客を個別に追尾しており、遊技客が着座したときは、遊技客に仮の会員番号を付与して遊技台番号と共に遊技データ収集部6に出力する。遊技認証部8は、遊技客が会員カードを使用したときは、正規の会員番号及び遊技台番号を遊技データ収集部6に出力する。遊技データ収集部6は、各遊技台5から遊技台データに基づいて仮の会員遊番号毎の遊技履歴を作成すると共に、会員番号認証部8から会員番号を入力したときは、遊技履歴を正規の会員番号と関連付ける。

また、顔認証システム程の精度と性能は持たないが、台間サンドや大当たり回数のデータ表示機等に仕込まれた小型カメラで客の顔写真を撮影し、データとして管理するシステムも10年以上前から存在するようである。時期的には、初代のCR機が登場し、ホルコンが全国的に普及し始めた時期と一致している。

パチンコ・パチスロ顧客管理システム

出願番号:特許出願平8-115461 出願日:1996年4月13日公開番号平9-276517 出願人:ヤマハ発動機発明者:斉藤 敏之 外1名発明の名称:パチンコ,パチスロ等の遊戯顧客の管理システム

要約

【課題】 顧客に何ら手間をかけさせることなく顧客全員を管理することができ、且つ、遊戯した顧客のみを正確に管理することができるパチンコ,パチスロ等の遊戯顧客の管理システムを提供することである。

【解決手段】 玉数又はメダル数等の遊戯材の投入数が設定値を越えた場合若しくは/及び遊戯時間が設定時間を越えた場合に、遊戯装置又はその近傍に設けられた撮像手段により当該顧客の顔面を撮像した後この撮像した画像を画像処理し、この画像処理したデータに基づいて顧客を管理するパチンコ,パチスロ等の遊戯顧客の管理システムである。

インターネット上で、パチンコに関する業界側に不都合な特許を公開した際に、特許はあるが、実用化されているとは限らないという、業界関係者のような言い訳か、もしくは非常に楽観的ともとれるコメントを読むことあるが、企業が膨大な開発費用と人件費をかけて、売れそうにないもの、実用化する予定のないものを開発することは、まず考えられないことである。商品というものは、十分な市場調査と、ユーザー側の需要を元に開発されるのが企業経営の基本であり、パチンコ業界だけが例外ということは、まずありえないだろう。

スポンサーサイト

Appendix

モバイル

hallcomkouryaku

Author:hallcomkouryaku
上記のQRコードを携帯電話の二次元コードリーダーで読み込めば、簡単に当ブログのURLを取得出来ます。

月別アーカイブ

ホルコンについて詳しく知りたい人向け

ブログ内検索

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。